気になるほくろを徹底的に治療|自信を持てる肌に生まれ変わろう

レーザー治療について

現在、ほくろ治療の中ではレーザー治療が主流になっています。施術時間も短く、平らなほくろなども取り除くことができます。治療のために長時間確保しなくても良いので、仕事帰りに施術を受けることもできると好評です。

治療法の種類や内容

ウーマン

誰しも顔や身体にコンプレックスを持っているものです。一重まぶたや低い鼻、体型を気にしているという人など、悩みもそれぞれでしょう。その中でも、ほくろに関して悩んでいるという人も少なくはないのです。ほくろは化粧で完全にカバーすることは難しいものです。また、顔ではなく腕や背中などにあるほくろは隠しようがないので、その部分が見えないような服を選ぶしかありません。特に女性は、結婚式で着るドレスや夏物の洋服では、肌の露出が増えるものです。背中が大きく開いていたり、腕全体が見えるという服装もあります。隠せるものだと良いのですが、すべての服装が隠せるものではありません。しかし、ほくろを気にしておしゃれを楽しめないというのは、とてももったいないものです。気分も落ち込んでしまいます。それを解決するために、美容整形の施術を検討してみてはいかがでしょうか。

美容整形と聞くと、怖いイメージを持ってしまう方も多いかと思います。しかし、最近ではほくろ除去の施術も浸透してきており、美容外科に通う方も多いのです。まずはどのような流れで施術が進んでいくのか確認してみましょう。最初に、美容外科や美容皮膚科で担当医によるカウンセリングを行ないます。どの位置にほくろがあるのか、どれぐらいのサイズ・濃さなのか、除去したい箇所はどこなのかということを実際にチェックしていきます。ほくろ除去の施術にはいくつか方法があり、ほくろの状態に合わせて選択肢が変わります。担当医による判断だけではなく、どのような施術法が良いかという希望を伝える場でもあります。ほくろの治療は、レーザーによる施術法を採用しているところがほとんどです。医療用レーザーを使用し、小さいほくろでも確実に除去できるようになっています。施術時間も短時間で済むので、忙しくてあまり時間を確保できないという人でも安心です。レーザー治療は、やはり痛みを伴いますので、事前に麻酔を行ないます。それでも痛みを感じる場合がありますが、耐えられないほどではありません。また、この治療法ですと施術後に腫れることもありますが、数日で引いてくるので心配は不要です。あまりにも長引くようでしたら、すぐに担当医に連絡しましょう。

レーザー治療のほかには、切開法と呼ばれる施術法があります。切開法は、メスを使用してほくろを除去する施術法です。ほくろの根元から除去することができます。そのため、再発する可能性はありません。切開法も施術前には麻酔を行ないます。施術から数日後に抜糸を行ないますので、また通院する必要があります。そのことも頭に入れ、施術を受ける日程を決めると良いでしょう。ほかにも、ピーリングによる治療法もあります。比較的薄いほくろですと、この治療法で目立たなくすることができます。また、ピーリングの場合はシミも同時に除去できるので、美肌効果も期待ができます。一度で薄くするということはできませんが、何度か治療を受けることにより、薄くしていくことが可能です。ピーリングは肌の古い角質を取り除きながら、ターンオーバーを正常に戻し、ほくろの原因であるメラニン色素を排出していくことができます。施術で使用する専用トリートメントなどにこだわる美容外科や美容皮膚科もありますので、癒しの効果も高いです。コンプレックスを解消しながら、よりきれいになる治療が受けられるので、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。無料で行なっているところもありますので、調べてみましょう。

保険が適用される場合

ほくろだと思っていたものが、ガンだったということもあります。しかし、自分で判断することはとても難しいので、医師による診断を受けましょう。ガンだった場合や疑わしいほくろの場合は、治療する際に保険が適用されることもあります。

予約から治療までの流れ

無料カウンセリングを受ける際にも、事前に予約して来院する日時を決めましょう。ほくろの除去治療までの流れを確認しておき、何か不安がある場合には、医師とのカウンセリング時に相談してみましょう。