気になるほくろを徹底的に治療|自信を持てる肌に生まれ変わろう

レーザー治療について

女の人

ほくろの治療法は様々ですが、現在の主流はレーザー治療です。この医療用レーザーは、ほくろ除去以外にも、ニキビ・ニキビ跡治療やシミの除去にも使用されています。その中でも、やはりほくろ除去で使用されることが多く、たくさんのほくろに悩む人を救ってきました。ほくろの種類も様々です。色が濃いものや盛り上がっているもの、小さいものなどもあり、治療法もそれぞれに合わせて採用されています。レーザー治療ですと、平らなほくろや小さいほくろでも除去することができます。従来であれば切開法による施術がほとんどでしたが、レーザー治療により同時にいくつかのほくろを除去することも可能になりました。ほくろの状態によっては一度で除去することができないという場合もありますが、ほとんどが一度の治療で除去することができます。美容外科・美容皮膚科によって治療に使用する医療用レーザーの種類も違います。ホームページ等で紹介しているところもありますので、事前に確認してみましょう。特性を知っておくことで、施術後の肌の状態がどのように変化するかということも確認できます。

数あるほくろ治療の中で、レーザー治療を受けるメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。口コミ評判などでもよく見られるのが、切開が怖いのでレーザー治療を選択したという声です。やはりメスを使用した治療を選択するのは勇気がいるものです。しかし、レーザー治療なら踏み切れるという人が多いようです。そして、施術時間が数分から十数分程度ということもあり、身体の負担があまりないというところも選ばれているポイントのようです。治療を受けるときは、とても緊張するものです。その分身体も疲れを感じやすくなってしまいます。施術時間が短くて済むと、身体の緊張もすぐに取れ、疲れを感じにくくなります。ほかにも、施術のために長時間確保しなくても良いので、仕事帰りに施術を受けるということも可能です。スケジュール的に時間の確保が難しいという人もいますが、レーザー治療ですとその心配はありません。職場や自宅に近い美容外科で治療を受けると、さらに時間を短縮することができます。駅周辺にも美容外科はありますので、どこで治療を受けるか迷ったときには、アクセスの良さで決めてもいいでしょう。

顔のほくろを除去したい場合、女性はすぐに化粧ができるかどうかというところも気になるかと思います。治療箇所以外は当日からも化粧が可能ですが、やはり患部は数日ほど経ってからになってしまいます。治療後の肌は敏感になっていますので、なるべく刺激を与えないように気をつけましょう。入浴や洗顔時にも患部には触れないようにしてください。治療後、患部は時間が経つとかさぶたができます。無理に剥がすことはやめてください。かゆみを感じることもありますが、そこは我慢して、氷水などで冷やして対応しましょう。数日経つと、自然に剥がれてきます。とにかく刺激を与えないように、何か行動するときには注意しましょう。そして、日焼け対策もとても大事なことです。紫外線から患部を守ることが重要なので、外出する際にはいつも以上に日焼け対策を行ないましょう。かさぶたが剥がれたあとには日焼け止めクリームを使用し、さらにUVカット加工されたパーカーやカーディガンなどを羽織るとより効果的でしょう。顔のほくろを除去した場合には、日傘や帽子を着用するようにしてください。