気になるほくろを徹底的に治療|自信を持てる肌に生まれ変わろう

予約から治療までの流れ

レディ

実際にほくろ除去の治療を受けたい場合には、どのような流れで進めていくのでしょうか。いきなりほくろ除去の治療を受けるという場合じゃなくても、無料カウンセリングを受けてから判断するという方法もあります。その場合でも、事前の予約が必要です。美容外科によっては、ホームページから直接予約できるところもあります。受付時間内に問い合わせができないという人は、こちらを利用すると良いでしょう。もちろん電話でも予約はできます。何か疑問がある人は、電話で予約する際に確認することもできますし、メールでの問い合わせを受け付けている場合もありますので、利用してみましょう。予約が完了したら、予約できた日時に来院しましょう。担当スタッフから説明を受けつつ、問診票を記入して待ちます。問診票では、アレルギーの有無なども確認します。薬も該当しますので、以前処方されて身体に合わなかった薬などがあれば、メモして控えておくようにしましょう。ほかにも、妊娠中ではないか、または妊娠している可能性はないかという確認を取ることもあります。治療を受けられるかどうかを判断する以外にも、安全に治療ができるかという確認でもありますので、きちんと答えるようにしましょう。

カウンセリングの前に、スタッフによるヒアリングを行なう美容外科もあります。医師とのカウンセリングがスムーズに行なえるように確認することがありますので、わかりやすく答えるようにしましょう。カウンセリング後にすぐ治療を行なうという場合もありますので、時間には余裕を持つようにしてください。後日治療する場合は、その日時を改めて決めましょう。会計を済ませたら、治療に進みます。美容外科や治療内容によっては、保障制度を設けているところがあります。もし治療後に何か気になることがありましたら、すぐに問い合わせてみましょう。専用スタッフがすぐに対応します。予約から治療までの流れは、このような感じで進んでいきます。

炭酸ガスレーザーの場合、出血はほとんどないと言われています。治療前には麻酔も行なうので、痛みを感じることもありません。そのため、炭酸ガスレーザーの治療法を受けたいけど、傷みが心配という人でも大丈夫です。切開法での治療法よりも施術痕が残りづらく、患部の治りも早いと言われています。この特徴は、特に女性にとってはありがたいことです。やはり、ほくろは除去したくても、施術痕が残らないか心配という人はとても多くいらっしゃいます。しかし、跡を残さずに治療できるとなると、安心して任せることができます。こういう心配も、最初のカウンセリングで取り除くことができます。美容整形を受けるとなると、大きな決断が必要です。不安を残さずに治療に臨んでもらうためにも、カウンセリングでしっかりと治療の説明を受けたり、症例を教えてもらえたりと、きちんと説明を受けましょう。美容外科スタッフたちはプロですので、患者が安心して治療できるように万全のサポートをしてくれます。少しでも気になることがあれば、我慢せずに確認し、不安がやはり消えないのであれば、その気持ちを正直に伝えることも大切です。きれいにほくろを除去し、今までコンプレックスだった肌が自慢できるような美しい肌に生まれ変われるように頑張りましょう。